種類について

ブリーチングの種類は大きく分けるとオフィスブリーチングとホームブリーチングがあります。オフィスブリーチングとは歯科医院で行われるブリーチングのことです。一方、自宅で行うブリーチングはホームブリーチングと呼ばれています。ただし、ホームブリーチングであっても歯科医師による指導を受けなければいけません。これは欧米とは異なっている点となっています。

医師オフィスブリーチングは短期間で効果が出るようになっています。そのために濃度の高い薬剤を使うのです。一方、ホームブリーチングについては自分で薬剤を歯面に保持することになります。トレーを用意してもらい、それを用いて自分で自宅で処置することになります。繰り返し行う必要があり、期間がかかります。安全のために濃度の低い薬剤が用いられるのです。

基本的にオフィスブリーチングの方が早く効果が出るのですが、後戻りしやすいとされています。一方、ホームブリーチングの方が時間がかかるのですが、後戻りしにくいとされています。どちらか自分の都合に合わせて選択すると良いでしょう。

どちらも薬剤を用いて歯を白く見せるという点は同じです。使われる薬剤については濃度が異なるだけなのです。きちんと医師の指示にしたがいましょう。


仕組みについて

歯を白くすることはホワイトニングといいます。これはブリーチングと呼ばれることもあります。仕組みとしては薬剤を用いることによって、歯の表面が白く見えるようにするのです。

このブリーチングには主に2つのメカニズムが存在しています。1つはホワイトニング剤によって歯の表面にある着色物を白く漂白してしまうことです。そして、もう1つは、歯の表面の構造をホワイトニング剤によって変化させてしまうことです

歯薬剤については過酸化水素や過酸化尿素が主成分となっています。着色物を漂白するというのは、洗濯をするときに漂白剤を使うのと原理としては同じです。一方、歯の表面の構造を変化させることについては、表面の構造を曇りガラス状にすることによって、光が乱反射するようになり、歯の黄ばみが白く見えるようになるという仕組みです。したがって、歯の色が白くなるわけではないのです。

歯はエナメル質と象牙質によって構成されています。エナメル質は半透明となっており、その下にある象牙質は黄色みがかってしまう。したがって、歯を白く見せるためには、象牙質の色が見えなくする必要があるのです。そのためにエナメル質に加工を施します。これがホワイトニングの仕組みです。


ホワイトニングをする

歯は白い方が良いと考えている方は多いでしょう。たとえば芸能人がきれいな白い歯をしているのに憧れている方は少なくありません。しかし、日本人の歯というのは基本的には白くありません。少し黄色っぽい歯であることが多いのです。しっかりと歯を磨いている方であれば、白っぽい色にはなるのですが、それでも満足できる白さになっていない方も多いでしょう。

ホワイトニング
出典≪ホワイトニング治療/湘南美容歯科(大阪)

また、きちんと歯の手入れをしていない方は歯が黄色くなっているケースは少なくありません。たとえばたばこを吸っていれば歯はどんどん汚くなっていくでしょう。また、よくお茶を飲んでいたり、コーヒーを飲んでいる方も歯の色が黄色っぽくなってしまうことは少なくありません。そのため、自分の歯の色に不満を抱えている方はたくさんいるのです。

歯を白くするために歯磨きを頑張っている方がいるかもしれません。しかし、一度歯の色が白くなくなってしまうと、それを自力で白く戻すことはなかなか難しいでしょう。そのような歯を白くするためには歯科医院でホワイトニングの治療を受けるべきです。その際にはブリーチングホワイトニングという方法を用います。

ブリーチングというのは漂白をすることです。こちらでは歯を白くするためのブリーチングについて、基本的な仕組みや種類などを解説しましょう。これから歯を白くしたいと考えている方はぜひとも参考にしてください。きちんとした知識を仕入れてからホワイトニングにチャレンジするべきでしょう。